Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2013 >>
オリジナル研修にチャレンジ!
家づくりに関する仕事が増える今日この頃。
家づくりの仕事と言っても
収納ユニットの共同開発、ショールームやモデルハウスへの
近藤流の空間提案など、依頼内容は様々。

今回は、コラボレーション企業の石友ホームさんで
試みたオリジナル研修をご紹介します。

この研修、通常の研修とは違って
4チーム対抗戦の形をとって評価する形をとりました。

どういうことかと言うと
 ゞ疇Nの提案を盛り込んだモデル住宅とショルームを
  研修会場にし、各チームから選抜されたスタッフに、
  私が提案した意図や暮らしの話を具体的にレクチャーします。

◆.譽チャーを受けたスタッフは、
  会社に戻り、全く両方の空間を見てないチームメンバーに
  写真と配布された図面の情報だけを利用して、私のコンセプトを
  なるべく忠実に伝えます。

 約1ケ月後、
  選抜スタッフからレクチャーを受けたチームメンバーが
  私の前で自分が伝え聞いた内容をお客様に話すように
  説明するのです。

  お客様役には、実際に、この物件を見たこともない
  本社の事務スタッフ(女性)に協力してもらいました。
  その内容を私だけでなく、専務や部長などの役職も
  分かり易い説明か、表情や手振りもトータルに審査します。

なぜこうなったのかというと、
せっかくのコラボレーションを、成果物を作って終了ではなく、
本当の意味での成果を得るには、石友ホームのスタッフさんが
その真意を理解し共有できていないとお客様に伝えられませんし、
共感も得られません。

お互いにどんなに日々頑張っても
正解を知らずに自分の思い込みで解釈していたこともあるかもしれません。

他の人の方法を見て学ぶこともあれば、
もちろん人からアドバイスをもらうことで、
反省したり自信をもったりと自分自身と振り返る
良い機会にもなればと、欲張りな機会にしたくなったのです。




そして1ケ月後の審査日
ぁ〜抜スタッフからレクチャーを受けた各チームメンバーが
  私の前で伝え聞いた内容を話す日がやってきました。
  ギャラリーでは、レクチャーをしたスタッフ達も見守っています。


年齢も、役職も、経験も問わず、
当日までどこの空間を指名されるかわからない状態なので
緊張の様子と、直前まで勉強してきたメモを見ている必死さが
私にもひしひしと伝わってきました。

審査は、モデル住宅とショールームの2会場で行うので、
チェック項目が沢山あります。

スタッフが一人一人の発表を聞いたら、
発表してくれた内容を忘れないうちに採点のためにメモしていきます。


意図が正しく伝わっていない時は、せっかくの機会なので
その場で補足レクチャーもしたり・・・。


発表するほうも、聞くほうもとにかく真剣勝負!
いや〜、中身の濃い研修でした。


今回の研修の収穫は、沢山ありますが、1つは、
設計・営業・IC(インテリアコーディネーター)と、
業務内容で別々に研修しているそうで、
このように一同に会した実践的な研修は初めてとか。

互いの立場に立つと表現方法も違うし、
設計なら、営業なら、ICなら、こんな視点で発表するのかと
互いに関心を持ったのではないでしょうか。

また、物にはサイズがあり、
空間ごとの理にかなった提案をしていくと、
暮らしが楽になることがわかっていただけたのでしょう
休憩の合間に、若い男性の営業スタッフが嬉しい報告を
してくれました。

私が提案したユーティリティ(家事室)をお客様に
ご覧いただいたところ契約を迷っていたお客様が
洗濯の角ハンガー収納を気に入って契約を
決めてくれたそうです。
お客様の立場に立った提案に納得されたようです。

結果発表は、ともかく、私自身も人に伝える難しさと、
伝わった時のやりがいを感じました。
またスタッフの皆さんが、チーム対抗ということで
自分が足をひっぱってはいけないという
チームワークも目の当たりにでき、貴重な経験となりました。

まだまだコラボレーションは続いていきます。
これからも、互いに刺激しあって頑張っていきましょう。

感動のおいしさ!
少し前になりますが、大阪に住む友人からの贈り物!

松竹堂(大阪府吹田市)のフルーツ餅!

知らなかったのですが
関西では、とても有名なスイーツなんだそうですね。

一口食べたら、「おいし〜!」(驚)
とついつい声が出てしまいます(笑)


1つ食べ出すと、「他は、どんな味?」
と自然に手が伸びてしまい、味見が止まりません。

色んな味を食べたい私の気持ちを察してくれて、
スタッフが予め半分に切って出してくれるようになりました。

フルーツのうま味、ジューシーさが、ぎゅっと詰まっていて
「なんてお利口さんなの♪」
と思わず、フルーツ餅に語りかけたくなります。

機会があれば、是非お試し下さい。

大和ハウス しまいごこちイージークロークの新商品いよいよ
ダイワハウスさんとの取り組みで、お陰様でご好評を頂いている
私のアイデアをダイワハウスさんがカタチにした収納ユニット、
「しまいごこちイージークローク−進化する収納−」
から今年も新商品が出ます!

ということで、先日、カタログ用の撮影があり
スタジオのある大阪へ行ってきました。
撮影といっても、今回は私の撮影ではなく主役は収納ユニット。
私はスタジオで、より暮らしにあった使い方として
イメージに合っているか、ディスプレイの確認などをしてきました。

まだ発売前なので、詳しくはお伝えできないのですが、
スタジオに到着すると、前日からのセットの建て込みや、
スタイリストさんの大量の小物のご用意、
カメラマンさんの商品を素敵に撮る絶妙な設定など・・
すでに準備は始まっていました。
皆さんありがとうございます!

限られた撮影時間の中ですが、毎年お世話になっている方達なので、
イメージも伝わりやすく、大阪のノリの和気あいあいの雰囲気の中
撮影は進んでいきます。

スタイリストさんに、こんなイメージの○○小物の方がよいかしら〜
と相談すると、まるでドラえもんのように次々と小物を
出してきてくれるんです。
そのうち私も一緒に交じって小物探しをしていたりと・・。
収納ユニットを素敵に撮ってもらうために、あぁでもないこうでもないと、
スタイリストさんやカメラマンさんもお客様目線でチェックをしてくれます。

大和ハウスのプロジェクトメンバーの方はもちろんのこと、
信頼できる仲間に支えられて、皆で作り上げた空間になりました。
発売は、春から。皆さんご期待くださいね。


↑用意して頂いたディスプレイ小物。ほんの一部です。


カタログも、進化し続けています。
過去のカタログの一部(左奥から)、現在のカタログは右手前。

※大和ハウス工業のHPで
「しまいごこちイージークローク−進化する収納−」を紹介しています。
http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/lifestyle/easycloak/index.html

LIXIL 関西支社「ネエ、ミテ」コンテスト
大阪出張が続いています。
先日、LIXIL関西支社さんが企画された
「ネエ、ミテ」コンテストの審査に行ってきました。
これは、昨年度、3回開催していただいた私の
「片づく家のつくり方」セミナーに参加してくださった建築業者様に対し、
住まい手の困りごとやニーズに合わせて、
間取りや収納、動線などに工夫のある作品(住宅プラン)をLIXILさんが募集され、
3か月で97件もの応募がありました。

どの作品からも、「家づくり」への熱い思いを感じ、とても感激しました。
みなさんの大切な作品を、ひとつひとつ丁寧に審査させていただき、
それぞれにコメントをいれさせていただきました。




今月末には、その中の大賞2件(新築・リフォーム)
のお宅をご訪問させていただく予定です。
またその様子は、このページでもご紹介できたらと思っています。
どうぞ、お楽しみに!

「メレンゲの気持ち」に出演したレイとフラ
1月26日(土)に放送された「メレンゲの気持ち」で
自宅を紹介した際に、我が家のレイとフラが
テレビ初出演となりました。

いつもは2人にとって平和な城に、
この日ばかりは出演者や番組スタッフさんの出入りも多く
いつもと違う雰囲気をビンビン感じ
緊張とびびりで落着かない様子・・・。

誰かに抱っこされてないと
吠えてしまうという状況となりましたが、
元々甘えん坊の二人にとっては、
絶えずスタッフに抱っこされ
温かい人肌にまんざらでもない様子(笑)

実は、放送されなかったのですが、
ハイキングウォーキングのQ太郎さんが
キッチンにあるダストシューターでごみが落ちる様子に驚き
大声を出した瞬間!
フラが、Q太郎さんの声に吠えてしまい「ワン!」と鳴いてしまい(汗)

でも、初めての雰囲気の中頑張って
やりとげてくれた二人でした!!


写真は、左が、フラ(女の子)。右がレイ(男の子)。



撮影後は、緊張で、疲れリラックスのフラでした。

大阪ガス「2013ECO×SMART LIFE FESTA」
2月2日(土)は大阪の豊中市、3日(日)は同じく大阪の高槻市で
大阪ガスさんが協力されて、LIXILさんが開発されたガスコンロの発表会
「2013ECO×SMART LIFE FESTA」があり、
セミナーに呼んでいただきました。
実はこのコンロ、私が長年、一緒にキッチンの商品開発をしていた
サンウエーブ(現LIXIL)の当時の開発メンバーの女性が担当したとのこと!
セミナー前に、さっそく、現物を見せていただきました。

その名も「ひろまるコンロ」!
汚れがたまりやすいバーナー周りのお掃除が、とてもラクな形状になっていました。
一緒に商品を開発したメンバーが、一番の困り事を
解決する商品を、きちんと作り続けている事…とても嬉しく思います。


写真は、今回、このイベントを企画してくださった山内チーフと前田さんです。
次回は2月10日(日)、今度は大阪の守口市でのイベントでも
セミナーをさせていただきます。来週もよろしくお願いします。

さて、今回は、嬉しいことがもう一つ。
2月2日土曜日のセミナー会場に、
アカデミー初心者コースの卒業生がお母様と一緒に来てくれました。

彼女はアカデミーで学んだ事を、今は自分が講師となって講座を開いているそうです。
卒業生が活躍している姿を見る事が私のパワーにもつながります。
また各地でみなさんに会えることを楽しみにしています。

近藤アカデミーブログプロフィール画像
Search
Mobile