Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>
出版記念記者発表会!!
1月20日(日)。いよいよ
『近藤典子が考えた「片づく家」のつくり方』の
翻訳本の出版記念記者発表会当日です。

ホテルの窓から眺めると
昨日の晴天とは打って変わって、雪 !!

氷点下8度、寒いというより、痛い…。


そんな足元の悪い中、
出版記念記者発表会には、
主催してくださったBoloni社の蔡CEOを始め、
翻訳本にコメントを寄せてくださった
清華大学建築学院の周教授、
中国建築設計研究院の劉理事など、
多くの方が出席してくださいました。




私も、自分の背丈ほどある、
立派なフラワーアレンジに華を添えてもらいつつ、
ご挨拶させていただきました。


そして、この日一番驚いたのが、これ!!

翻訳本そっくりのデコレーションケーキが
運ばれてきたんです☆


感動!! 感動!! 感動!!


主催のBoloni社さんの計らいで
サプライズを用意してくださったそうで、本物そっくり。



食べるなんて、もったいない!と思いつつ、
40人以上のお客様としっかりいただきました♪


発表会が終わると、メディアの方々からの
質問タイム。

皆さんとても熱心で、
気づけば囲まれていました!


文化や習慣は違っても、
「暮らし」に対する意識は同じなのだと
改めて感じた一日でした。


このような貴重な場を設けてくださった
Boloni社の皆様、ご出席くださった皆様、
各メディアの皆様、本当に有難うございました。

中国に行ってきました!
私の著書「近藤典子が考えた『片づく家』のつくり方」(講談社)が、
中国の出版社で翻訳され、出版される事になり、
1月18日(金)から21日(月)の4日間、
記者発表会のため北京に行ってきました。

今回の中国滞在中、ずっと同行して通訳してくれたのは、
2004年12月に、関西テレビで製作された
「こんなん見たことない!近藤典子&モモコの台湾まるごと収納ツアー」
の撮影時に知り合い、それ以来、ずっと息子のように
家族ぐるみでお付き合いしているデニス。
「せっかくの機会だから」と、奥様のアンジェラ、
こどもたちのイーサンとネイサンも上海から会いに来てくれました。

こどもたちには、スパイダーマンのリュックサックをお土産に。
スパイダーマンの人気は万国共通!二人とも大喜びしてくれました。

さて、みんなでランチに入ったイタリアンのお店では、
ミニピザをこどもにDIYで作らせ
焼いてくれるキッズサービスがありました。
さっそく、お兄ちゃんのイーサンがチャレンジ!

・・・上手に作れました!

ハードスケジュールの中、デニスファミリーと過ごした
嬉しいひと時でした。
今度は、5月にデニスファミリーが我が家に来るとのこと。
パパとママは、息子家族の帰省を、楽しみに待っています!


2013年、初セミナー!
2013年1月12日(土)、
今年最初のセミナーに行ってきました!

ご依頼者は、昨年、今年と2年連続で
声を掛けていただいた、
埼玉県の無垢スタイル建築設計さん。

アットホームな雰囲気の中で講演を終え、
会場入口で皆さまをお見送りしていたら
ひとりのお客様から質問を受けました。


その質問に、答えていたら…


あらら。いつの間にかプチセミナーに。


皆さんの家づくりに対する熱心な姿勢に触れて、
改めて気持ちが引き締まりました。


帰り際、外に出ると
さいたま市のPRキャラクター、
「つなが竜ヌゥ」と遭遇!


今回のイベントのご担当、斉藤さんと一緒にパチリ。

(ちなみに、メインイベントのもちまきには
今年も参加できず…。残念!!)


今年も全国各地に、元気いっぱい
「快適な暮らし」のヒントを
お届けできるよう頑張ります☆

●「メレンゲの気持ち」の撮影
日本テレビ系列「メレンゲの気持ち」(OA毎週土曜12:00〜13:30)、
ビューティフルライフというコーナーの撮影で、
我が家に、ハイキングウォーキングのお二人が来てくれました。

Q太郎さん(左)と、松田さん(右)と並んでポーズ!

私のライフスタイルを紹介してくださるとの事で、久々に自宅も大公開です。
どんな風に放送されるのでしょうか。皆さんお楽しみに♪

放送予定日は、1月26日(土)。13時すぎ頃に放送されるコーナーだそうです。
放送エリアの方は、よかったらご覧くださいね。

久しぶりのbefore after
年末に放送された「ヤンヤン JUMP」(テレビ東京系)の話を少々。

伺ったお宅は、オフィス北野所属の水道橋博士さんのご自宅。
ご家族は、水道橋博士と美人の奥様、そして可愛いお子さんが3人の5人家族。
家族の仲の良さが伝わってくる温かいご家庭でした。

さて改造場所は、寝室。
主に、奥様とお子さん3人の4人がお休みになっている部屋で、
奥様とお子さんの洋服やカバンなどの衣類や小物も管理する場所。

と言うことは、
クローゼット機能と、寝室機能、そして奥様のPCコーナーを
確保するべく・・・。
それに加え、TV的に大掃除のポイントとして
ホコリのとり方、掃除機のかけかたも盛り込まなくてはいけません。

それを、これまでにない!
正味3時間の最短撮影時間で完成させなければなりません(汗)

さあ、スタートです。
まずは、ほぼすべての洋服をたたんで収納されていた奥様の
御負担を解消しようと、ハンガー100本以上が
掛けられる壁面クローゼットを作りました。



そして、お子さん自身も片づけられるように
近藤流の子どもの片づけ「3つの」を
あちこちにほどこしました。
っかける
っぱる
きだし

例えば,痢っかける」は、写真にかかっているパジャマ。
実は、壁にカラフルなフックをつけたので
子どもでも自分のパジャマをひっかけるだけ。

そして△痢屬劼辰僂襦廚蓮
キャスターつきの収納道具に、モノを入れ
ひっぱりだせる工夫。
今回は、引き出しタイプの収納ケースに
キャスターをつけたので、そうじ機をかける時に、
子どもでも引き出せてお手伝いができます。

の「引きだし」は、
引き出しタイプの収納道具に自分のモノを
しまって出し入れ。

子どもでも、しっかり自分のモノを管理できる上に
長続きするので、身に付くのです。

そしてそして、
一見ただのスチールラックに見える棚に
奥様のPCコーナーの確保と、
壁やチェストの上に暮らしを楽しむ
インテリアの飾りも忘れません。

この写真に映っているチェストの上に
小物を飾って、インテリアで雰囲気を出したのですが、
チェストに小物を直接置かず、
敷いたのは、キッチンマット。

だってキッチンマットって、
好みのデザインや色があれば
マットの裏に滑り止め加工がしてあるので
ずり落ちず一石二鳥なんです。

こういう近藤流の提案をあちこちに盛り込みました。

無事完成に、水道橋博士さんも喜んでいただき、
二人で笑顔の記念写真!!

幼稚園や学校から次々に帰ってきた
お子さん達も、完成した部屋をみて

「えっ!ここどこ」

「なにこのポケット?
へ〜、洋服のポケットに入れて帰ったモノを
ひとりずつ入れる袋?!わ〜い」

色んなことに、素で喜んでくれて、
やった甲斐があった〜と
ホッとしました!!

とにかく撮影時間が短くて、
はたしてどうなるか?と思いましたが
何とかなりました。

そして、久しぶりのbefore afterは
大変だったけど、楽しかった♪
たまには、いいもんですね。

水道橋ファミリーの皆さん、どうもありがとうございました。

展示場で、私のユニットと再会!!
昨年HITマリナ通り展示場(福岡)でのセミナー出演の際に
ダイワハウスの高橋店長がイベント会場まで
ご挨拶に来て下さいました。

私と一緒の神戸生まれで、
ダイワハウスに入社以来、福岡をご担当されているとか。


初めてお会いしましたが、
高橋店長のように地域で活躍されているスタッフの方々とは、
ダイワハウス×近藤典子のコラボ収納ユニットの
「イージークローク」や横浜・名古屋・神戸の
ケーススタディハウスでの私との取り組みをご存知の方に
お声を掛けていただくと、初めてのような気がせず、
ついつい話が弾みます。

高橋店長も、横浜のケーススタディハウスまで
お客様をお連れいただき見学いただいたとか。

ダイワハウスとコラボレーションするようになってから、
既に8年が経ちました。

コラボレーションの代表格が、収納ユニットの「
イージークローク」で今では、ダイワハウスのxevoの
シリーズによっては標準装備されています。

こちらのダイワハウスの展示場にも、
「イージクローク」の1つウォークインクローゼットタイプが
展示されているということで、
イベント終了後に、お邪魔してみました。

写真は、大野城展示場の藤田さんとマリナ通り展示場の
女性スタッフさんと♪

このユニットをきっかけに、
ダイワハウスに関心を持っていただくお客様もいるんですって。
お客様と接している現場の方からの、うれしい言葉に
新しいラインナップのことが頭を過ぎります・・・。
ただいま、開発中です。
商品化まで、もう少し。どうぞお楽しみに!

A HAPPY NEW YEAR!

アメニティアドバイザーとして、四半世紀が過ぎ気づけば55歳!
長くやっていたご褒美でしょうか、小学校の家庭科の教科書に続き、
今年は高校の家庭科の教科書に「アメニティアドバイザー」が職業
紹介されることになりました。大変ありがたく、身に余る光栄です。
今年は年齢も後押し(?)の55(ゴー、ゴー!)精神で、新しい取り組み
にもチャレンジしていきます。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

近藤アカデミーブログプロフィール画像
Search
Mobile